生命(いのち)の時間

家の数だけ、光の数だけ、人の数だけ、家族があり、両親がいて、お爺ちゃんお婆ちゃんがいて、何万年も昔から引き継がれてきて生命。

 

2018年12月14日。

父の死を目の当たりにしたとき、「限りある生命」を実感した瞬間でした。

いつかは、この時が来るとはわかっていたものの、いつも繰り返される日常の中で、

父も普通に暮らし、昨日と同じ今日がまた来ると、心の中で思っていました。

 

昨日と同じ今日は来ないんですね。

生命あるものは、その許されている「生命の時間」を費やして、

今日を迎えるんですね。

 

父の死に対面し、そんなことを考えました。

 

■残りの時間

仮に100歳まで生きるとしても、残り50年ちょっと。

平均寿命の81歳までとしても、残り30年ちょっと。

または10年か5年かもしれない…

 

わかることは、自分の「生命の時間」の半分は費やしたということ。

残りの時間を何に費やすのか?

 

 

2018年

私は今まで自分の「やりたい」と考えていたことを実行に移したく

「起業」という道を決断しました。

 

これから先、自分の残り時間を進みたい道のために費やしていきたい。

父の死から、「迷うな!」と教えてもらった気がします。

 

 

2019年1月1日

今年の豊富は「迷わず、道を進む」ですね。

 

これからも、悩み、もがき、続けることもあると思いますが、

自分に許されている時間がある限り、頑張って行きたいと思います。