CEDEC2019 にて登壇しました

2019年9月4日〜6日まで、パシフィコ横浜にて開催されたCEDEC2019(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス)にて、おなかソフトの伊藤さんと一緒に下記のセッションを行いました。

 

「出来らあっ!!」「え!?ゲーム開発で社会貢献を!?」

https://cedec.cesa.or.jp/2019/session/detail/s5ce3b6e3265c0

 

■セッションの様子

セッションの様子は、下記のYouTubeにてご覧頂けます。

■記事を頂きました!

また、GameBusiness様よりセッションの記事も頂きました!!ありがとうございます!!

 

ゲームは引きこもりや、社会から弾き出された人々を救えるのか?その可能性と挑戦【CEDEC 2019】

https://www.gamebusiness.jp/article/2019/09/10/16158.html

 

■ゲーム開発者なら出来らぁ!

ゲームと言えば、エンターテインメントというのは当然だと思います。

ちょっと角度を変え、

 

 エンターテインメントx疑似体験x役立つ知識

 

とすることによって、SDGs に代表するような世界が定める継続可能な社会を目指した目標や、イジメ問題、緊急対策、災害対策などなど、多くの問題の対応にゲームが活用できると私は考えています。

 

 まだまだ、ゲームが全然足りない!

 

と思っています。

日本からたくさんの「役立つゲーム」がリリースされ、世界をかえる第一歩が生まれていくことを願い、このようなセッションを行いました。

 

このセッションがそんなきっかけになれたら幸いです。